--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

メカニック

MECHANIC.jpg

           ↑師匠と弟子です。


メカニック



「コン・エアー」(←おもろいよ!)、「ブラックホーク・ダウン」のサイモン・ウェスト監督。
チャールズ・ブロンソン(←「うーん、マンダム。」の人)の同名映画のリメイクです。


ジェイソン・ステイサムは、彼主演のアクション映画ってだけじゃなくって、主役じゃなくてもいいから、大きな作品にも出て欲しい。
彼が、2番手くらいで脇を固めると、すごく安心感が出る。


「ロックストック」や「スナッチ」で、はじめて見た時は、その後の成長を、すごく期待したんだけど、今のポジションは、ちょっと物足りない気がします。


決して、ただのアクションスターでは、ないんだけどなぁ……。



冒頭は
コロンビアの飛行場。
飛行機が、到着する。
降りてきたのは、ひげ面で、サングラスをかけた、小柄な男だ
いかつい、黒いスーツの男達に警護され、黒の高級車に乗る。
黒い車は、列を作り、舗装されていない道を行く。
途中の村で、車とトラックが事故で道をふさいでいたが、警護する男達が、銃を取り出し、無理やり道を明けさせた。
到着したのは、大きな邸宅。
その小柄な男は、服を脱ぎ、自宅内にある室内のプールに向かう。
もちろんプールサイドには、警護のものが、銃を持ってウロウロしていた。
男は、プールに飛び込む。
深いのか、プールの色が黒いからか、底が見えにくい。
泳いでいくと、水の底に、腕時計のようなものを見つけた。
泳ぎながら、手を伸ばす男。
しかし、その腕時計は………。

その後は、因縁深い弟子と一緒に、クールに仕事をこなしていきますが…。

クライムアクション映画です。


まず何より、主人公のキャラがいいです。
冷酷で、非情で、知的で、完璧な暗殺者だが、時折見せる孤独感や、悲壮感や、思いやり。
そして、普段の生活の”小者感”。
すごく魅力的です。
殺し方も「殺された!」と思わせずに、「あっ、死んじゃった!」って思わせる殺し方をする。
このキャラなら、続きも作れそう。


物語は、テンポもいいし、ラストも甘すぎず、辛すぎず、らしい感じで良い。


そして、上の二人の間には、ある因縁があります。
この因縁が、お互いの中で、どう明らかになっていくのかってのが、物語の軸になっているんですが、その後半がちょっと尻切れ気味なのが残念。(最後は良いけど…。)


ジャック・バウアー(=キーファー・サザーランド)の、パパが出てます。
この人の、ちょっと怪しい笑みは、惹きつけられますねぇ。(目力がすごい!)
やはり、なかなかの存在感でした。


さて今回の評価ですが、



1550円です。



個人的には、「トランス・ポーター」よりも、こっちのほうが好きです。
ただ、良くも悪くも、近年のステイサムらしい映画です。
(”ステイサム映画”って、呼ばれるほどになったねぇ…。それはそれで、うれしいんだけど…。)

やっぱり私は、お山の大将であることに満足せず、もっと大きな山で勝負して欲しい、って思っちゃうなあ。




読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、なんかやる気が出ます。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
18:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。