--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

ブリッツ

BLITZ.jpg




ブリッツ



今年に入って、もう3回目の登場の、ジェイソン・ステイサム。
母国での、主演映画です。

ちなみに、
ブリッツ(BLITZ)=イナズマです。(←ほうほう、そうかいな。)
プリッツ(PRETZ)=グリコのお菓子の名前です。(←うん、そやね…美味いよなあ…。)
ブリッコ(BURICCO)=大昔の、松田聖子です。(←イヤー懐かしいねぇ…かわいかったよねぇ。)
バリッコ(BARICCO)=バリ好き。(←もしもし、もうええんちゃいますか?…。)
ピリッコ(PIRICCO)=ピリ辛大根です。(←お前、おちょくっとんのか!)


アホは、コレくらいにしまして(笑)


冒頭は、
ソファーで、寝ている男。
やがて、目が覚める。
テーブルに置きっぱなしにしていた、スコッチをコップに注ぐ。
それを一気に飲み干し、部屋の窓のほうに向かった。
アパートメントの窓から見えた道路には、何台か車が止まっていた。
そのうちの、高級そうな車に、3人の若者が、たむろしていた。
場面は、変わって、その3人組。
3人組が、その車の周りを物色していると、先ほどまで寝ていた男が、ホッケーのスティックのようなものを持って、現れた。

「やめろ!」

「はぁ?なんだてめえ!」

と、武器をかまえた若い3人組が、男に襲い掛かった。
しかし、3人組は、あっという間に、ボコボコにされた。

「俺とやるなら、武器を選ぶんだな!」

と、去っていった。
画面は切り替わり、新聞の見出し。
どうやらその男は、よく問題を起こす、刑事だった…。


バディポリスクライムアクションサスペンス。(サスペンス弱め)


ステイサムは、なんかこういうアクの強い、胡散くさいにおいがプンプンしてくるような役が、いいですねえ。


今作は、観客は犯人を知っていますし、もちろん追う刑事のことも知ってます。
なので興味は、どうバレていくのか?ってトコです。
(これを”全員集合「志村ー!後ろ!後ろ!」の法則”と呼ぼう!)
しかし、どーもこのバレ方が、フワフワしてて曖昧。
”全員集合「志村ー!後ろ!後ろ!」の法則”の志村けんを、ステイサムにしてみると、刑事達の無能っぷりが目立つし、ドキドキ感が薄れる。
じゃ逆に、志村けんを、犯人としてみようとすると、とてもじゃないけど、共感することなど出来ないので無理。
せめてこっちに、感情移入できれば、ドキドキ感は味わえたと思う。

つまり、どう見ても、あんまりドキドキしないプロット。
はじめっから、大してドキドキしないように、出来ちゃってる。

そこに、女性警察官のドラマも、絡んでくるのだが、それも尻つぼみで盛り上がりに欠ける。
結構、大げさに取り上げてきたくせに、ファールチップぐらいの絡み方。
最後は、どう繋がってくるのか?って期待してたのに、残念。


ただ、キャラクターだけみて見ると、なかなか魅力的。

主人公は、飲んだくれてて、腕っぷしが強く、人情的な正義感も強い刑事。(どっかで見たことある気もしますが…。)
悪い奴は、半殺しにしてしまうほど。(たとえ軽犯罪でも!)
オープニングも、車盗もうとした奴らを、ホッケースティックで半殺し状態。(笑)
なおかつ、女性には甘く、パソコン苦手のアナログ人間。
キャラ的には、先日観た「メカニック」よりも、好きです。

その主人公の、相棒になるのは、上司として赴任してきた、ゲイの刑事。
自分が、マイノリティであることをわきまえており、そのことに関して、決して反発しようとはしない。
しかし、過去、ある事件で、大暴れした経験がある。(それも人情がらみ)
要するにこの2人、根は似たもの同士ってコト。

警察官ばかり狙う殺人鬼も、なかなか激しく、憎たらしく、キャラとしてはいい感じです。


こんな、魅力的なキャラクター達がいるし、テンポもいいし、最後のカタルシスもなかなかだけど、あの脚本の出来はちょっと残念です。
あっちはいいけど、こっちはイマイチみたいな、ちょっとアンバランスな映画でした。


さて、今回の評価ですが


1500円です。


脚本しだいで、良くなる要素はあるので、パート2とか出来れば、期待してもいいかもよ。
憎ったらしい悪人を、ぼこぼこにするのって、ホント気持ちいい!痛快!
最後、犯人に言い放つセリフも、気持ちよかった!
映画の出来としては、「メカニック」のほうが上だけど、私はこっちのほうが好きでした。



あっあと、突然、怪獣出てきたりしたのも、良かったなあ!(←へえ、ホンマかいなぁ)
ウソやがなぁ!
そんな奴おれへんやろ~。(←なんやウソかいな、俺も観に行こうかなあ、っておもっとったのにぃ。)

チッチキチー……。



失礼しました。
(怪獣は、ウソですよ!)

何故か、”大木こだま・ひびき”が、ずっと頭の中を、ウロウロしてたもんですから。(汗)



読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、なんかやる気が出ます。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
18:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。