--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

コンテイジョン

Contagion.jpg

       ↑こいつが、アランでございます。



コンテイジョン



なんか、出てる人がすっごい豪華ですよ。
1、グウィネス・パルトロー
2、マット・デイモン(ジミーちゃん。)今年はもう4度目かなぁ?
3、ジュード・ロウ
4、マリオン・コティヤール
5、ケイト・ウィンスレット
6、ローレンス・フィッシュバーン
の6人。
半分の3人でも、映画1本撮れるぞ。

予告編観ただけだと、なんのこっちゃさっぱりわかんない???
監督は、最近不発なスティーヴン・ソダーバーグってのが、ちょっと心配です。
しかし、好奇心と、豪華なキャストに惹かれて、観に行ってきました。

ちなみに”Contagion”=”伝染”です。


冒頭は、
バーで、飲み物を飲んでいる女(グウィネス・パルトロー)。
咳をしている。

”2日目”とテロップ。

ケータイで”ジョン・ニール”という男と、話をしていた。

「飛行機が、遅れちゃってて。」
「そっかぁ、楽しかったよ。気をつけてな。」

クレジットカードを、店員に渡し、支払いを済ませた。
場面変わって、香港、人口210万人。
客船の中。
髪の長い、若いアジア人が写る。
再び、場面変わって、ロンドン、人口860万人。
金髪の、若い女性が写る。
体調が悪いようだ。
続いては、ミネソタ、人口330万人。
グウィネスが、家についた。
迎えるのはマット・デイモン。
再び、場面は変わり、アルダーソン社の社員の日本人、東京、人口3660万人。
そして、
先ほど登場した、香港のロン毛の男。
市場を歩いているが、フラフラしている。
それを抜けた、大きな通りに出たところで……。

”3日目”…………。



登場人物の多い、群像劇タイプの映画です。
ストーリーは、いわゆる、パンデミックの話。


ウィルス感染とか、苦手な人が見たら、鑑賞後は、手を洗わずにはいられないでしょうね。(笑)
たしかに、恐ろしくリアルな描写が多く、「そんなわけねえだろ!」的なところは、ありません。
ある意味、

「夢も希望もないわぁ…。」(←ほんこん)

今回のウィルスは、致死率が高く、感染力も強いが、潜在期間が短い。
どうやら、免疫を持つ人間も、わずかにいるようだが、ものすごいスピードで、世界中に拡大する。
ワクチンの開発、製造のスピードを、はるかに上回り、市民達はパニックに…。

本作では、そんなウィルスを怖がる一般市民、ウィルスと戦うWHOやCDCウイルス対策センターや製薬会社等、この2つのポジションの人物達が、登場する。
それに加え、ジュード・ロウ演じる、アラン・クラムウィディというキャラクターが、実に面白いポジションで、この映画を盛り上げている。
このキャラがいなければ、ただの感染パニック映画だったでしょう。
このアランの活躍?は、詳しくは書けませんので、観てからのお楽しみ。

ただねぇ、イマイチなんだよねぇ。
映画としてのクオリティは、意外と高いんだけど…。
で、座禅を組んで考えてみます。
ポク・ポク・ポク・チーン!(原西さん)

”ドキュメンタリー”ってほど厳しくなく、”ドラマ”ってほど甘くもない。
”ドキュメンタリー”か?ってほどリアルなんだけど、”ドラマ”か?ってほど物語があるわけでもない。

つまり、どっちつかずのあいうぉんちゅーやね。
もうちょっと、ドラマ寄りに、少し人数減らして、誰か一人にもう少しスポットを多く当てた方が、良かった気がする。

いずれにしても、ウィルスを中心にすえて、周りの人間たちを描いているので、どの登場人物にも、感情移入しきれない。
逆に、リアルな人間らしいキャラクターばっかりなので、どの人物にも感情移入出来ちゃう、とも言える。
これもどっちやねん!(矢部)

見ている間は、まあまあ良かったって思ってたんだけど、時間がたつにつれ、ドンドン印象が薄くなってしまいました。
これもどっちやねん!(矢部)


てなわけで、評価は難しいなあ。


1500円かな。


映画としての、クオリティは高いです。
ちょっと間違えば、傑作になったかもしれません。
でも、あんまり印象に残りません。


ココで、観終わった方に質問なんですが、最後の最後のアルダーソン社のトラックって、ただの因果の象徴なんですかねぇ??
それとも現実?
そこが、わからんかった。
なんか見逃したかなぁ?



さあ、手洗ってこようっと………ゴホッ、ゴホッ…………………………。



読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、なんかやる気が出ます。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
18:21 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。