--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

バイオハザード IV アフターライフ

128377417318516318518_re4-16085_large.jpg


バイオハザード IV アフターライフ 3D


↑の写真の左側がクレア・レッドフィールド、真ん中がクリス・レッドフィールド。
この二人はゲーム版でもおなじみのキャラクターですが、右側の方はアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と言いましてゲーム版には出てこないキャラクターです。
このアリスが主役の映画版バイオハザードの第4弾。
映画版はゲームのプロット(一部)にオリジナルのプロットを組み合わせて出来ています。
つまりゲームとは別の物語です。

なんか↑の写真見てると、ちょっと笑っちゃいます。(何まじめな顔してんねん!)
でも逆にそれが良かったのかもしれない。
ある意味まったく期待せずに半分笑って観れたので、意外と楽しめちゃいました。(笑)
もともと専用カメラで撮影していたせいなのか、3D具合もなかなか良かったと思いますよ。

今回は雨の東京、渋谷スクランブル交差点から始まります。
横断歩道の真ん中で、傘も差さずにうつむきたたずむ女(中島美嘉)
向こうから渡って来たサラリーマンらしき男が彼女に気付き、目をやった瞬間襲われてしまいます。
彼女は、日本で最初のウィルス感染者でした。
数年後渋谷の地下には、アンブレラ社東京支店が出来ていました。(笑)
そこに侵入者。
アリスです。
狙いはアンブレラ社最高幹部のウェスカー。
アリスは、忍者のようないでたちでアンブレラの傭兵達を殺しまくりますが、後方からの射撃により絶命してしまいますが…………あれっ?……………………もう一人アリスが………もう一人じゃない!アリスがいっぱいいるーーー!

こんな感じではじまります。

続き物ですので、見たことない方は「えっなんで?」みたいなシーンはいっぱい出てきます。
存分に楽しみたい方は、事前にⅠ~Ⅲまで見ておいたほうがいいと思います。
でもまあ、このシリーズ自体バカバカしい話だし、ツッコミ入れたいところいっぱいだし、何も考える必要のない映画なので、映画館で椅子に座ってから、終わって立ち上がるまでたのしめたら大成功な気がします。(つまり時間つぶし)

所詮、ちょっとお金を掛けたB級映画なので、割り切って楽しむといいと思います。
たいそうなテーマを掲げているわけでもないのは好印象ですが、やたらと話がでっかくなっているのはかなり引いちゃいます。
続きがあるみたいだけど、この先どうなっちゃうんだろう?

さて今回の評価ですが
旧作DVDレンタル料金+3Dメガネ代の


500円です。

決してみんなが楽しめるような映画ではありません。
お金と時間がたっぷりある方以外は、あまりおすすめ出来ませんね。


ランキングに参加してます。読み終わったらポチッとクリックおねがいします!

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
19:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。