--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-

19840_01_l.jpg



機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-



去年の夏、お台場に実物大ガンダムがやってきた。
かつてガンダム大好きだったので、ぜひ観に行きたくて楽しみにしていました。

私「今度お台場に実物大のガンダムが来るんだって。」

妻「実物大って何?実物なんか無いじゃん。」

私「設定上の大きさのことだよ。18m。」

妻「えーなにそれー。」

私「一緒に見に行こうよ!」

妻「えー、あたしはいいわぁ。」

私「……。」

男のロマンとか、わからんかぁ?女のロマンはわかってほしいくせに。(口には出さない、心の叫び)

結局妻にはふられたので、娘をお台場冒険王に連れて行くと誘い、2人でガンダムを見てきました。

公園に着き、たくさんの人並みに流されていくと
木々の隙間から見えてきました、公園に立つガンダム。

ガンダム越しの空。
ガンダム越しの木々。
ガンダム越しのビル。

まるで夢のような景色でした。(娘は「でっかいねー」ぐらいの感想。)
今は別装備で静岡にあるらしいが、静岡まで行ってる時間は無いなあ。

そんなガンダムもだいぶ変わりましたね。
お台場に立ってたガンダムは「ファーストガンダム」と呼ばれるもの。
私が今回見てきたのは「ガンダムOO(ダブルオー)」。
ガンダムと名はつくけど別世界のお話。(TVシリーズ2シーズンの続き)

レビューでは賛否(と言うか否ばっかり。)に分かれているみたいですね。
でも私からすると、すでにガンダムって記号のようになりつつあると思っていましたので、これはこれと思ってみることは出来ました。
まぁ、そうしてしまったのはあのおもちゃメーカーですけどね。
仮面ライダーのときも書いたけど、売れるブランドに関しては飽和状態になるくらい商品を投入していく姿勢。
敵も味方もガンダムだらけ。
どの作品見ても同じ構図。
でもこれはファンが求めていた部分もあると思う。(寅さんみたいに。)

ガンダム知らない人でも「アムロ」とか「シャア」とか聴いたことある人多いんじゃないでしょうか。
「アムロ」「シャア」は人の名前で、はじめてガンダムを操縦したのが「アムロ」。
そのライバルだったのが「シャア」。
この二人の物語が終わった時点で、私の中の「ガンダム」はすでに終わっていましたので、その後に作られた「ガンダム」は記号でしかありませんでした。
ただお約束のデザインやプロットやアクションシーンが好きで見ていただけです。


ですが今作はちょっと変えてきました。

敵が違うんです。


みなさん、その辺も認められないんでしょうね。
私個人は新しい挑戦は評価できました。

もともとガンダムの根底には、人間同士の相互理解と言う大きなテーマがあったのですが、その部分を大きく掘り下げたのが今作だと思います。
TVシリーズで上記のテーマはある程度は完結し、じゃ次に人は何と向かい合わなければいけなくなるのでしょう。
次は、地球外異性体との相互理解だ。ってなったようです。
しかし何をもって相互理解したのか等の描がかれ方が雑。(と言うよりも誤魔化した感じ。)
監督自身も広げた風呂敷をたためなかった印象ですね。
身の丈に合わない事するとこうなっちゃいます。

相互理解とは
共存なのでしょうか?
共生なのでしょうか?
それとも混ざり合うことなのでしょうか?

圧倒的な戦力差で、人という種族が全滅する恐れがあったことを考えれば、今作の結論は最善の結論だったのでしょうか?
これで相互の理解が出来たと言えるのでしょうか?
どちらとは言いませんが、圧倒的に片方の理屈が強いように思います。
つまり相互理解とはお互いに歩み寄った中で出せる結論のはずで、どちらかだけが寄っていくものではない、と私は感じてます。

こんだけ話をでっかくするなら、監督なりでかまわないので、その辺をはじめに決めておいて欲しかった。
おそらくこの監督の頭の中に確信はないと思われます。

観客を乗せ離陸したのに、観客がわからないところ着陸しちゃって「ここどこですか?」って聞いたら、「いやー、私もわかりません。」みたいな感じ。
監督の考え方を見せてくれればどこでもいいんだから、ここはどこなのか位、答えられるようにしとけよ!


と言うわけで評価ですが
今回は


400円です。


DVDで観れば十分でしたね。

わかるとか、わからないとかいう程の深い意味は無い映画だと思います。


ランキングに参加してます。読み終わったらポチッとクリックおねがいします!

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村

19:00 | 邦画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。