--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

シングルマン

tom_ford_a_single_man.jpg



シングルマン



昔のフランス映画のような美しい画面。
かなり細かいところまでこだわっていて、監督のセンスにどっぷり浸れる。
監督はファッションデザイナーのトム・フォード。
彼の初監督作品です。

コリン・ファースが、ここまで魅力的に見えた作品は初めてでした。
コリン・ファースと言うと、主演女優にお金をかけ過ぎた時に使われる相手役ってイメージしかなった。(スミマセン。)


1962年ロサンゼルス。
ゲイである大学教授ジョージ(コリン・ファース)は16年連れ添ってきたきた、大事なパートナー=ジム(マシュー・グード)を8ヶ月前に交通事故で失っていた。
事故後生きる意味を失い、喪失感と戦う毎日を過ごしてきたが耐え切れず、今日が終わったら自分も死のうと考えていた。
そしてジョージの人生、最後の日が始まった。


映画は淡いトーンで始まるが、通して観ているとトーンが
あれっ?濃く明るくなってきた。
あれっ?また淡くなってきた。
と、変化します。
ジョージの気力?他人から与えられる生きる力?のようなものが表現されているようです。

当時かなりのマイノリティである自分を、唯一理解し支えてきたジムを失った喪失感。

しかし死を覚悟したから見えてくる、日常の中に隠れていた喜びや幸福感。
喪失感を埋めることが出来るのは、誰かに必要とされていること、思いやり、愛。

ラストはすごく切ないが、おかげで深く心に刻まれました。


女性の観客にとっては、ゲイ映画ならでは?の綺麗な男たちも見所なのかな?

またこの物語は、主人公の相手を女性に変えても成立するように出来ていますので、「ゲイの映画」が苦手な方でも十分に、主人公の気持ちが理解できるとおもいます。


いい台詞もたくさんあり、洗練されたセンスにどっぷり浸れる良作です。

と言うわけで、今回の評価は


1700円です。


あとちょっとだけ脚本的に起伏があっても良かった気がします。


ランキングに参加してます。読み終わったらポチッとクリックおねがいします!

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
23:46 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。