FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?

GALLERY008012_2.jpg



ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?



娘と鑑賞。

いったい誰に見せたいの?
こんな話小学校低学年の子供が見ても、理解出来るわけ無いじゃん。
今までも何度か娘と一緒にこのシリーズ観てきたけど、全然雰囲気が違うよ。
通して楽しい雰囲気が薄いです。

このストーリーの主役は、明らかに敵役。
大事なところはプリキュアだが、物語のほとんどは敵が主役。(ゴルゴ13状態)
かいつまんで言うと、孤独に追いやられ復讐を誓う男が、同じく孤独な子供を連れ旅をしていく間に絆が芽生え本当の親子のようになっていった。と言う話。

「孤独」という傷をなめあう大人の男と、子供の話。
子供が孤独というだけのシチュエーションであれば、もっとましな作品になったと思う。
大人の男が孤独ってだめでしょ。
そんなのを、親と一緒に観に来ている子供たちに理解してもらおう、ってのがおかいい。

表現の仕方も下手で、メリハリが無く絶えず深刻な雰囲気のまま。
楽しいところ、笑わせるところ、やさしいところ、ドキドキするところ、うれしいところ。
そういうところがあった上でじゃなきゃ子供たちの心は掴めませんよ!
この作品はそういう部分が大幅に欠けてる。
「クレヨンしんちゃん」とか「ドラえもん」とか、子供向き映画で親も感動させるのとはわけが違い、子供たちをほったらかしにしてる印象。
いつもなら入場時にもらえるライトを、子供たちみんなが張り切って振り、プリキュアを応援してるのに今回に限ってはそんな光景が見られませんでした。

しかし途中、つぼみ(キュアブロッサム)のやさしさや包容力等は、伝わったと思います。

たいがい子供と親のセットで見に来てるからって、なんか勘違いしてるんじゃないの?
子供たちは、急にそんなに違ったもの見せられたって、受け入れられないよ。
新しいことやろうとしたのはいいけど、的外れまくり。
雰囲気で悲しい気持ちになる子供もいると思うが、これは酷いなあ。

子供達が何を期待して映画館に足を運んだのか?
その想いをだいぶ裏切ってます。

製作者達には「プリキュアってブランド背負ってるんだから、お前たちのやりたい事やっていいわけじゃない!」って言ってやりたい。

でも最近TVシリーズでも、直接的な自己啓発的台詞が多いのが気になります。
台詞でしか伝えられ無いんか?
台詞で伝えるのは簡単ですよ!
台詞じゃなくて、そう感じさせる物語を作れないんですかねえ。
表現がストレート過ぎ。
子供向けの作品なだけに残念です。

それでは今回の評価ですが


300円です。


子供の期待を裏切らないほうが良いんじゃない?

目線が大人過ぎ。



ランキングに参加してます。御参考になったら、ポチッとクリックおねがいします!

いつもクリックしてくださり、ありがとうございます。( v^-゚)Thanks♪
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
19:00 | 邦画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。