--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

336922view003.jpg



ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士



「2」のつづきです。

またまた、作品のトーンが変わりましたよ。

今度は裁判サスペンスです。

今作がある意味、もっとも映画的でした。


「2」もまだ見て無くって、これから見たいと思っている方は、ここから下は読まないでね。




相変わらずリズベットはイマイチ。

でも先日も予告したとおり、新キャラが「2」から出てきました。

「2」でわかったリズベットの兄です。
ブロンド、短髪の巨体でどうやら痛みを感じない体らしいです。
「2」の最後で逃げ出したので「3」でも登場。
蹴っても殴っても平気で突進してくる様は、まさにモンスター。
このキャラクターはおもしろかった。

全く「2」から続きます。
「2」の最後でリズベットが父に斧で一撃を食らわし、自分も力尽きてしまったところにミカエルが現れ、一命を取り留めたリズベットと父のザラ。
同じ病院に運ばれ、同じフロアーに入院中です。(なんでやねん!)
そして怪しい奴らが、2人の命を狙っているようです。
なぜ彼女らは、その集団に命を狙われるのか?
そして父親への殺人未遂の容疑で、リズベットの裁判が始まる。

結局ミレニアムって作品は、何が言いたいんだろう。
リズベットの心の再生がトータルで見るテーマでしょうが、あまりにも「センセーショナル」さを狙いすぎてかなりおろそかになり、薄っぺらに感じます。
派手だけど中身の薄い作品。

脚本的にも驚かされるような展開は一切無く、どっかで観たものばっかり。
「2」でも書いたけど、あまりのフツーでご都合な展開に笑ってしまうほど。
「1」でも書いたけど、原作とは違うんですかねえ??
国家機密とか言って派手さを出しているものの、結局は「男の異常な性欲」をだらだら気持ち悪く見せられちゃった。
期待のリズベットの兄も、途中何度か登場し凶暴ップリを見せてはいたが、対決は結局最後の最後。
もっともっと本筋に絡んで来いよ!!ガッカリ。

リズベットのスペシャル感も中途半端で、ヒーロー性がイマイチです。
天才ハッカーって連呼してても、他人のパソコンを操作できるってくらいしか表現されてない。
実際他人のパソコンを操作することは、すごいことだと思うんだけど、それしか見せてもらえてないんで、そう感じてしまうんでしょう。
もっと幅広くマルチにハッカーテクニックを見せてくれたり、ハッキング不可能といわれるようなモノに必死に立ち向かう姿とか見せてくれたりした方がよかったのに。


さて今回の評価ですが
映画的である部分を評価し


410円です。


10円足してみました。(笑)

はじめはギャグで、途中でスポコンに変わり、今度はヒーローモノに変化しました、みたいな漫画を見たような感じです。(キン肉マンか!)
しかしその要素どれもが、どこかで見たようなものばかりで、どれも突き詰めてない感じ。(キン肉マンは面白かったし大好きですよ。)
トータルのポリシーみたいなものが薄っぺらなんで、ちっとも面白くありませんでした。

ちなみにうちの近所では、今週いっぱいで終わっちゃうみたいです。


ハリウッドでリメイクされるみたいです。
ミカエルはダニエル・クレイグ、
リズベットはルーニー・マーラだって。
ルーニー・マーラって誰??
リズベット役にはキャリー・マリガンとかナタリー・ポートマンとかが名前挙がってたんだけどなあ。
キャリー・マリガンじゃキレイ過ぎるけど、ナタリー・ポートマンあたりならいいキャラになりそうだったのに…。
いずれにしてもかなり脚本いじらないと、つまんない作品になっちゃいそう。



ランキングに参加してます。御参考になったら、ポチッとクリックおねがいします!

いつもクリックしてくださり、ありがとうございます。( v^-゚)Thanks♪
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村


18:30 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。