--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

武士の家計簿

bushi.jpg



武士の家計簿



古本屋で見つかった、江戸時代末期のある家庭の家計簿から出来た本作。

どんな話になるのか、とても興味深かったが、いたってありがちな話になってしまった。


物語は、前半は面白いプロットをうまく生かしてテンポもいいが、後半はありきたりの家族愛話に変わってしまった。
私はこういう展開はあまり好きじゃない。
「脚本のボリュームが足りなかったんで、感動しそうな話くっつけてみました。皆さんこんな話好きでしょ」って
言われてるみたい。。
見てる人をすごくバカにしてる感じがする。

はじめから、このぐらいの話を作りたかったの?
このてのテーマのいい映画はたくさんある。
このプロットじゃなきゃいけない理由が希薄。


役者たちは、堺雅人のみ役作りに成功していたがそのほかは全員イマイチ、イマニ、イマサン…。
大人になった息子役の人は特に酷い。
この人ナレーションも勤めていて、作品全体の足引っ張っちゃってた。


あまりオススメできませんので冒頭は書きません。



今回の評価ですが


300円です。


ちゃんと考えをまとめてから映画作ってほしい。

面白プロットの無駄遣いしちゃってる。(「デイブレーカー」よりひどいぞ!)




ランキングに参加してます。御参考になったら、ポチッとクリックおねがいします!


いつもクリックしてくださっている皆さん、ありがとうございます。( v^-゚)Thanks♪
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 にほんブログ村
12:00 | 邦画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。