--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

恋とニュースのつくり方

koitonews.jpg




恋とニュースのつくり方



地震前に下書きしといたのがアップされてしまったようで、大変失礼いたしました。
あらためて書き直しました。

皆さん!朝はテレビつけてますか?

うちはずっと「めざましテレビ」~「とくダネ」とフジテレビをつけっぱなし。
途中娘が「おはスタ」みてますが…。


ところで、今作ですが
アメリカも、朝はワイドショーなんですねぇ。
そんな、ワイドショーの女性プロデューサーのお話です。


冒頭は
昼間のレストラン 。
客は、男性が一人だけ 。
そこへ、あわてて女性がやってきた
「こんな時間に、夕飯つきあってもらってありがとう!」
まだ昼間なのに夕飯?
彼女は、テレビ局のプロデューサーで、早朝のワイドショーを担当しているベッキー(=レイチェル・マクアダムス)。
席に座り、話し始める二人。
だが、彼女の携帯が鳴る
電話に出てしまう彼女。
あまりの忙しそうな彼女を見て、呆れ顔の彼。
彼は、彼女が話し中に、会計をして去ってしまった。
いつも、こうなっちゃうみたい。
次の日の朝(真夜中?)も、いつもどおり出勤。
忙しく仕事をこなしていると「後で自分の部屋に来てくれ」と上司に声をかけられる。
周りのみんなもいよいよ昇進?とざわめきたつ。
そして、いざ上司のもとへ

上司「実はなぁ………」


続きは見てのお楽しみ。


とにかく、元気な女性のロマコメサクセスストーリー。(だいぶ仕事寄りの話です。)
話もテンポ良く、早朝ワイドショーの裏側も見れて面白い。
王道中の王道ってくらいのストーリーですが、嫌味がなく気持ちいい。
細かいこと言うと、いろいろありますが許せます。

仕事でも、恋愛でも、問題山積みの彼女ですが、とにかく突っ走ります。
その必死さが伝わってきて面白い。
そんな必死な彼女を見て、周りのスタッフたちもやる気が沸いて、1つになっていく。
キャストも結構豪華です。(「日本だと?シリーズ」付き)


中でも頑固で無愛想な元報道キャスター役のハリソン。
いい味出してますね。
しかし、歩く姿とか見てるともうおじいちゃんです。(笑)
日本だと、笑わない久米宏。


もちろん、主役のレイチェル・マクアダムスも負けてない。
かわいさと、元気さと、けなげさで、観客を魅了する。
日本だと、仲里依紗。(若すぎるか?)


それと、ちょっとわがままな、お局女性キャスター役のダイアンキートン。
彼女と、ハリソンの意地の張り合いは、夫婦漫才みたいで楽しい。
日本だと、高畑淳子。


ちょっと嫌味な上司役で、ジェフ・ゴールドブラムが出てた。(お久しぶりです。)
日本だと、柄本明だね。

「いつか眠りにつく前に」のパトリック・ウィルソンが、同僚でイケメンな彼氏役。(こっちは、最近良く見るなぁ。存在感薄いです。)
日本だと、谷原章介かな。


TV局の方!
日本でも、連ドラで作ってみませんか?
ちょっとアレンジすれば面白そうですよ!
キャスティング的にも、ちょっと話題になりそうでしょ。(←自画自賛もほどほどに!)


というわけで、今回の評価ですが


1600円です。


ちょっとリフレッシュしたいなぁって方に、是非お勧めです。
元気な人を、ただウザいって思っちゃう人ようなには、不向き。

もうすぐ終わっちゃうから、見たい方は急いで!




読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、私のやる気ゲージがたまります。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
19:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。