--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

日本人の強さ。

jg537joj.jpg



こうして、自分のブログを前にするのは、3月11日以来のことです。


日々映し出される、ニュース映像の中に写る、被災された人々の姿。
彼ら一人一人の物語を想うと、大きな悲しみに押しつぶされそうになっていました。


どっかの知事が「バチがあたった。」と言っていたが、そうなのかもしれない。
しかも、本当は日本に住んでいるすべての人に、バチが当たるべきだったのかもしれない。
しかし、今回亡くなられた方々が、今生きている私たちの身代わりになってしまった。
そう想うと、いたたまれなく、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになっていた。


そんな時、被災地からそれほど遠くない青果市場が再開されたニュースを見た。
そこには、野菜や果物が、量は少ないながらも並んでいる光景だった。
そのころは、まだ被災地における食べ物も、圧倒的に不足しているころで、
リポーターは「これから被災地の食糧不足も徐々に解消されていくかもしれません。」と話した。

家族が亡くなられてしまった方、身内や知り合いが行方不明の方、家が壊れてしまった方、大切なものを失ってしまった方々が、被災され大きい悲しみを抱えつつも、収穫をし出荷されていた。


そしてあらためて感じました。

今、自分の目の前にある、全てのモノやサービスは、この悲しみを背負いつつも、逃げ出さず、全てを受け止め、各々が自分の責任を果たした結果、存在するということ。


それを出来るのが日本人なんだと。



それが、日本の強さなんだといういこと。




私が住む街、浦安も被害を受けました。

液状化により泥水が噴出し、電気が止まり、ガスが止まり、水道が止まり、下水は使用不能になり、道路は陥没し地割れし、家は傾き、電柱は倒れ、マンホールは隆起し、しばらく避難所で生活をしていた方々も大勢いました。

私の家族は幸い無事でしたが、家は若干傾きました。

しかし最近になって、ようやくライフラインも仮復旧し、家に戻って、家族そろって生活が出来るようになったので、このブログも徐々に再開しようと思います。



あらためまして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、私のやる気ゲージがたまります。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
12:30 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。