--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

スカイライン-征服-

SKYLINE.jpg





スカイライン-征服-




この映画見る前に、いろんな予告が流れてまして、今後公開されるSF映画が多数紹介されました。
「SUPER 8/スーパーエイト」「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」「カウボーイ&エイリアン」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」。
これからずいぶん公開されますねぇ。
うち3つが、スピルバーグ製作!(←どんだけいっちょかみ?!スピ!)
そんなSF祭りの、一発目が本作です。(←SF祭り?!、勝手に決めんな!)


まったく余談ですが、
トランスフォーマーの予告で、オプティマス(昔日本では”コンボイ”って呼ばれてた、赤と青でトレーラーに変形するロボット)が、ビームサーベルで敵を切る殺陣はカッコイイ。


去年「第9地区」って異色のSF観た時に、青空に浮かぶ超巨大宇宙船を見たとき、かなり圧倒されました。
それ以降、流行なんですかねぇ?、”青空超巨大宇宙船”。
本作も、今後公開される「世界侵略:ロサンゼルス決戦」なんかの予告にも、いっぱい出てきてます。



冒頭は、
夜のLA。
綺麗な夜景に、空から突如、青い光の筋が落ちてくる。
1つ、2つ、3つ………。
場面変わって、
ベッドで眠る男女。
下着姿で寝ていた女性が、目を覚ます。
外の明かりも気になるが、まずトイレに向かい、吐いてしまった。
ベッドに戻り、表の明かりのことを、眠っていた彼に伝えると、彼はゆっくり起き上がった。
その時、隣の部屋から、女性の悲鳴が聞こえた。
すぐに駆けつけると、部屋は青い光に包まれ、若い女性が一緒にいたはずの男性の名を叫びながら、怯えていた。
そして、窓の外からさす青い光は、駆けつけてきた彼にも降り注ぎ…………………。


うーーーーん……?!。
なんか昔「クローバーフィールド」って映画見た時と、似た感じだなあ。
世界規模で起こっているこの大事件を、あるマンションにたまたまいた人間達の目線のみで、語られるというSF映画。
つまり、今何が起こっているのかが、全くわからず、ヒドイ目にあうって話。
あっちは、ハンディカメラの映像のみで構成されてる、変わったSF映画だったんだけど、演者達の素人臭さが鼻についた作品でした。
今回も演者の素人臭さが鼻につく。
それに輪をかけて、セリフも幼稚で安っぽい。
つまり、脚本も素人臭いってこと!
おかげで、みんなバカな人に見えて仕方なかった。
途中から、立派そうなこと言うマンションの管理人が、出てくるんだけど、まじめな顔して言ってる言葉がバカっぽくて、笑わせてんのかと思ってしまった。
現場のテンションに、客がまったくついていってない感じ
「笑っていいとも」のテレフォンで、友達紹介の時電話かけるでしょ。
その電話の向こう側が、やたらと盛り上がってるけど、アルタの客はシーーン状態。(←わかりずらい?!)

あと、最近のこういう映画でよくある、予告で大事なカット見せすぎ!
予告覚えてる人だったら、この後どうなるって想像出来て、ハイそのとおり!
もう!なんなんだよ!なにしてんだよ!
全然緊張感ないわ!
これはだれのせいでしょうか?
配給会社?


まぁでもこの作品、実は、最後の大オチ(続きがありそうです)のためのながーー-ーーーい前フリなんですね。
ただ、それまでが長すぎるのと、キャラに全く魅力が無いので、途中飽きてきます。


CGも、今流行の”青空宇宙船”とわけわからん”グニョグニョした生き物大・中・小(マトリックス系!)”が出てくるだけで、特に目新しいものは何一つありません。
その辺だけでも期待してたけど、イマイチです。
あっ!でも、大勢の人が、宇宙船に吸い込まれる様は、見たことないかなぁ。

どんな理屈か知らんが、人間だけを吸い取る掃除機状態。
そのわりに、次の段階ではちっちゃいグニョグニョが一軒一軒、一部屋一部屋、訪ねて回ってってナニ?
空中戦して、原爆で攻撃したあと、マスクも付けずに地上戦に突入!ってナニ?
なんかもう、設定からおかしいぞ!!


正直、クオリティは、ちょっとお金のかかったTVドラマ並みです。
大オチもあんまり期待しないでください。
よくある、愛とか絆とかって関係で”強烈!な想い”が………………。
「このあと、X-MENにいれてもらうの?」って感じです。



さて今回の評価ですが、


200円です。


だぁーー!、つまんねー。
プロットは悪くないが、それ以外何一つ面白くない!
とにかく、幼稚なセリフが嫌いです!
セリフだけで、客の意識を誘導しようったって、そうはいきません!


予算が少ない映画なんだってさ。
全然言い訳にならないけどね。
「お金無いくせに、なんでこの種の映画作ろうと思うんだよ!」って思う。
腹ペコなのに、叙々苑游玄亭に行って、お金300円しか持ってませんけど、一口食べさせてください!みたいな映画。(無理すんなよ!)
私が300円しか持ってなかったら、おいしい牛丼食べに行きますけど。
金の使い方間違ってる。
結局、貧乏臭くなってるよ。


そんでまた、なんでこんな映画が全国でロードショーやねん。
配給会社は、ちゃんと映画見てくれや!
予告編のこともそうだし、情けないっ!
「さや侍」といい、大丈夫?松竹さん?



SF祭り、次は「SUPER 8/スーパーエイト」かぁ。
「未知との遭遇」みたいな感じ?「ET」みたいな感じ?「宇宙戦争」みたいな感じ?



読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、私のやる気ゲージがたまります。(←めんどくさいシステムですみません…。)
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
19:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。