--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

HANGOVER2.jpg

(↑後列左からフィル、スチュ。前列左からチャウ、アラン)



ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える R-15



前作の続きです。
前作の評価は、前のレビュー見てね。

前作同様、結婚式直前のバチュラーパーティ(男だけの独身最後のパーティ)で、記憶がなくなるほど飲みすぎて、大変なことになる話です。

今回結婚するのは、歯医者のスチュ。
ちなみにスチュは、前作で売春婦と一度結婚してますが、すぐに離婚してます。


冒頭は
若いアジア系の女性(←この人がスチュの婚約者)、その女性のお父さんらしき人、お母さんらしき人、前作で行方不明になったタグ、タグの嫁。
みんなリゾートのホテルの一室に集まり、難しい顔をしている。
さっきから、アジア系の若い女性が、電話をかけているが通じない。
その相手は、歯医者のステュ。
そこに、タグの嫁の電話が鳴る。
部屋から表に出た嫁は
嫁「フィル?!今どこ?」
フィル「またやっちゃったよ。」
そこは、高層ビルの屋上?
フィル(=ブラッドリー・クーパー)、スチュ(=エド・ヘルムズ)、アラン(=ザック・ガリフィナーキス)の3人が、階段に座り込み、途方にくれていた。


前作とおんなじ入り方ですね。

その後も、ほとんどおんなじ演出で物語の構成もおんなじ。
だから、確かに面白いんですよ。
映画としては、前作同様よくできてると思います。
場所と、行方不明になる人間が、違うだけなんで、前作レビューも参考にしてください。


でもね、私は前作見てるんで、あまりの”おんなじさ”に唖然でした…。
前作見たから楽しめる部分も多いんだけど、前作観たから楽しめない部分もありました。
前作と、繋がりがないならまだしも、繋がってて実際前作見た人が楽しめる要素があるってことは、やっぱり2作目として見ないといけないよなあ。
トッド・フィリップス監督は、わざとそうしたらしいけど、私はイマイチに感じてしまいました。

”寅さん”とかよりも同じです。(笑)

「こないだ買った赤色のTシャツ良かったよなあ。今日はアノ柄の黄色のTシャツかおう!」って人にはおススメ!


アラン役のザック・ガリフィナーキス。
この人ホントおもろいわぁ。
すっとぼけてる顔はツボです。

でも、今回行方不明になる花嫁の弟役が、よくわからん。
アン・リー監督の息子らしいが、この人演技してんのかな?
ただニタニタしてほとんどしゃべらず…。

あっそういえば、またあの人が出てきた。(前作で出てきて、ビックリさせられたアノ人です。)
劇中歌ってますが、下手すぎです。(笑)
あんまりしゃべらせないほうがいいかも。
ちょっと引いちゃいました(笑)
(この人のタトゥーの柄の件で、この作品自体が実際もめてるみたいよ)


ところでこの作品、六本木で見るとすべて見ることができるみたいです。(18禁ですけど)
あのボカシが、すべてとれているということか?
あのボカシの先は、あんまり見たくないけどね(笑)


さて評価ですが、難しいなぁ…。
好きな人にとっては、前回も満点で、今回も満点でしょう。
このシリーズ初めて見た方も、好きになられた方はたくさんいらっしゃると思います。
でも、私はイマイチでした。


1500円です。


今作は、カップルで行くより、男同士で観たほうが、気にせず笑えるかもしれません。
女の人には、ちょっと不向きかも。(前作より下品さは増してます。)
「男って馬鹿だよね、でもさいこーにたのしー」って思って頂ける、心の広い女性なら大丈夫かも。


あと未婚者は、アランのみ。
だいたい、結婚できるのか?(笑)
次作は、違う見せ方でお願いします。

フィルが、離婚するとかも考えられるけど…。



読み終わった方へ、
いつもご覧くださり、ありがとうどざいます。( v^-゚)Thanks♪
1日1回、ポチッとクリックしてくださると、なんか助かります。
    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
19:00 | 洋画(劇場) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。